大阪・兵庫・神戸・京都、関西で、医師・看護師・薬剤師など転職・求職を希望される医療従事者の方へ病院・医院等医療機関の求人をご紹介

Home  »  医療・介護のよもやま話

医療・介護のよもやま話

関西の医療転職・求人サイト メディコプロ プログ

2008.6.3 火曜日

続 医療事故? ③

●●この足どうしてくれるんだ●●

その週は≪増加する医療訴訟≫なんてタイトルで朝の情報番組で特集をしていました!

それは、医療機関の隠蔽体質、カルテ改竄等、医療機関に対して悪意をむき出しにした内容です!

あまりにも、事実の側面だけを大きく取り上げた番組構成に 「あーあ!」 と思いながらも何か不吉な予感がしてきました!

この番組を見て、触発されて言いがかりを付けてくる患者さんがいなければいいけれど・・・

その番組では、最後にこう締めくくっていました。

≪泣き寝入りは止めよう!疑問があれば病院を問いただす!納得出来なければ訴訟がその疑問を解決する道だ!≫

何か、弁護士会のコマーシャルかと思うような番組構成です!

そんなこんなで日常業務をこなしていると・・・

「プルプル」 (かちゃ)

「受付ですが、N事務長にお会いしたいという方がおいでになりますけれど・・・」

「どちらさま?」

「5年前に病院でお世話になったGさんとおっしゃる方です!」

「そうですか・・・」 (嫌な予感的中ですか?)

「お時間取れますか?」

「そうですね・・・」

「どちらに通しますか?」

「相談室行きですね!」

「相談という感じじゃないですけど・・・」

「そうなの?・・・どんな感じ?」

「目が吊りあがってますよ!」

「話す前から気合十分ですか?」

「はい・・・」

「まあ、取りあえず相談室にお通ししてください・・・」

さて、相談室に入るとそこには受付から聞いたとおり、短髪で体形もがっちりし、目がランランと輝いている40代の男性が待っておられました!

「はじめまして、事務長のNです」

「5年前にこの病院で世話になったGだ!」

「ご用向きは何でしょうか?」

「おう!この足見てみろ!」

「足ですか?」

「おう!今でも足がいうこと聞きやしねー!」

「・・・・・・・・・・・・・・・」

「この足どうしてくれるんだ!」

以下 ●●Gさんの足は完治?●● は以下④に続く