大阪・兵庫・神戸・京都、関西で、医師・看護師・薬剤師など転職・求職を希望される医療従事者の方へ病院・医院等医療機関の求人をご紹介

Home  »  医療・介護のよもやま話

医療・介護のよもやま話

関西の医療転職・求人サイト メディコプロ プログ

2008.6.4 水曜日

続 医療事故? ④

医療・介護のよもやま話 — admin @ 11:44:26

●●Gさんの足は完治?●●

突然訪問して、足を見ろといわれても・・・

水虫でも移されたらいやだなーなんて呑気なことを考えていたら・・・

「オイ!聞いてるのか!」

「はい、聞いていますよ・・・」 (本当は水虫のこと考えてました)

「見てみろこの傷を!」

「手術の跡ですね・・・」

「そうだよ!この病院で5年前に手術したんだ!」

「だいぶヒドイケガだったようですね!」

「そうだよ!」

「それで・・・本日のご用向きは?」

「オー!この足の手術のことだ!」

「どうかされましたか?」

「季節の変わり目とかにまだ痛みやがる!」

「・・・・・・・・・・・・・・・」

「ケガする前は普通に歩けたが、今は少し足を引きずるようになっちまったんだ!」

「・・・・・・・・・・・・・・・」

「どうしてくれるんだ!」

「エッ?どうしてと申しますと?」

「だから、元通りに治せないような手術をしやがって!」

「元通り?」

「そうだろ!普通手術したら元通りになるだろ!」

「はあ・・・・・・・・・・・・・・・」

「やぶ医者が下手な手術をしたおかげで、足引きずるようになっちまった!」

「やぶ医者?・・・・・・・・・・・・・・・」

「だからやぶ医者を雇って手術させた病院として、どう落とし前つけてくれるんだ!」

「落とし前?・・・・・・・・・・・・・・・」

「オウ!落とし前だ!」

「Gさん、ちょっとよろしいですか?」

「ちょっとも、くそも無いんだよ!落とし前だよ!」

「多分、足を骨折されてこの病院で手術して5年経過しているということですよね?」

「だから、5年間痛みに耐えてきたんだ!」

「それで、今は少し足は引きずるけれど普通に生活はしておられる・・・」

「痛いんだよ!」

「・・・・・・・・・・・・・・・」

「どうしてくれるんだ!こんな足にしやがって!」

ケガの度合、手術の内容は調べなければ分かりませんが、手術の痕を見る限り、骨折は数か所で相当な折れ方していたような気がします・・・歩けるようになっただけ良かったと思いますが・・・十分Gさんの足は完治していると思いますよ!

以下 ●●Gさんそれは無茶ですよ●● は⑤に続く