大阪・兵庫・神戸・京都、関西で、医師・看護師・薬剤師など転職・求職を希望される医療従事者の方へ病院・医院等医療機関の求人をご紹介

Home  »  医療・介護のよもやま話

医療・介護のよもやま話

関西の医療転職・求人サイト メディコプロ プログ

2008.6.8 日曜日

続 医療事故? ⑧

医療・介護のよもやま話 — admin @ 14:17:44

●●Gさん最終章●● 

5年前の手術の慰謝料として100万よこせというGさん・・・金額は50万円に値下げし、その金額は働けないから生活費だという・・・なんで今さら!

「払わないはないだろー!」

「いえ、絶対に払いません!」

「なんでだ!手術ミスで足が元に戻らない!それで仕事が出来ない!慰謝料払う!当然の要求だろ!」

「まずは手術ミスかどうかを話あいましょう!」

「医師が元に戻すと約束したからにはミスだろ!」

「それは、手術して歩けるようにしましょうという意味だと思いますが・・・」

「そのせいで仕事もできないんだ!」

「体を使わなくても出来る仕事はあります!」

「オレには体を張った仕事しか出来ないんだ!」

「それでは、仕事が出来ないことにはなりません!」

「もういい、分かった!こちらが100万円を50万円にしてやったのにそれでも払わないというんだったら・・・裁判してやる!」

「ほーそうですか・・・ところでGさん・・・裁判して勝てると思いますか?」

「当たり前だろ!」

「絶対に無理です!」

「なんで言い切れるんだ!」

「どう考えても無理です!病院は絶対に負けません!残念ですがそれでも裁判しますか?」

「・・・・・・・・・・・・・・・」

「Gさん、もう止めましょう!」

「・・・・・・・・・・・・・・・」

「どうして、今さらそんなこと言いだしたんですか?」

「・・・・・・・・・・・・・・・」

「裁判するにしても、訴訟費用もかかりますし・・・まず、弁護士が弁護受けないと思いますよ!」

「・・・・・・・・・・・・・・・」

「最近テレビで医療訴訟についてよく放送していますが・・・あれは相当偏った報送ですからね・・・」

「そういうもんか!」

「そうですよ・・・」

「テレビでは・・・」

「テレビが何ですか?」

「病院に不審感を持ったら・・・泣き寝入りせずに訴訟を起こせと・・・」

「Gさんはこの病院に不審感を持ってらっしゃるのですか?」

「・・・・・・・・・・・・・・・」

「要は・・・テレビでも病院を叩いているし・・・誰かに勧められたんですか?」

「いや・・・そんなことは・・・ない・・・」

「まあ、いいでしょう!・・・でもGさん、私が事務長をしている間は意味のないお金は一切、びた一文お支払しませんから!」

「そんなもんか?」

「当たり前です!」

「じゃあ、10万円でもダメか?」

「は?・・・何言ってるんですか!」

「だから・・・病院にいったら10万くらいならお金出すぞって・・・」

「回りの人達が言ったんですね!」

「テレビでも・・・」

「残念ですが・・・お金の話はなかったことにしておきます!」

「そうか・・・邪魔したな!」

「・・・・・・・・・・・・・・・」

「もう、帰るわ!」

「はい!もし本当に病院に対して不審感をお持ちであるならいつでもお話はお伺いします!でも、正当な理由がない限り、お金は一切お支払しませんからご了承ください!」

「分かった!」

「・・・・・・・・・・・・・・・」

「・・・・・・・・・・・・・・・」

=完=