大阪・兵庫・神戸・京都、関西で、医師・看護師・薬剤師など転職・求職を希望される医療従事者の方へ病院・医院等医療機関の求人をご紹介

Home  »  医療・介護のよもやま話

医療・介護のよもやま話

関西の医療転職・求人サイト メディコプロ プログ

2008.6.23 月曜日

自殺!

医療・介護のよもやま話 — admin @ 13:40:58

昨日まで、奇妙な自傷事件?11歳女児のリストカットならぬ、フェイスカットの話をさせていただきました・・・

自傷行為と自殺とはニュアンスは同じでも、似て非なるものであることは賢明なる皆さんにはお解りいただけることと思います!

自傷行為は字の如く、自ら自らの身体を傷つけるものであって、それは決して自らの死を目的にはしていない・・・

自殺でも、自殺と自殺未遂はやっぱり違います!未遂はあくまで、未遂!・・・もう、他人に迷惑を掛けることは止めましょう!

6月19日の医療ニュースで掲載しましたが ≪自殺、10年連続3万人≫ ・・・

その動機、構成年代は社会の情勢に合わせて変化しているようです。

しかし、この人数が多いのか少ないのか?

最近はネット上での自殺サイトなど、議論はさまざまです!

しかし、自傷行為、薬物中毒によって救急搬送される件数は驚きに値します。

つい先般も、九州の救急病院で、薬物中毒にて搬送された患者さまの嘔吐物から有毒ガスが発生した事件は記憶に新しいところです!

この患者さまは残念なことにお亡くなりになられましたが、どう考えてもその量、その薬では死ねないような薬物中毒の患者さまも多く見受けられます!

それ以上に多いのがリストカット、それも 「ためらい傷」・・・

診察すると、恥ずかしく、情けないことに、ナートもせずにテープのみの処置の方もいらっしゃいます・・・

それを考えると、11歳女児は大したものです!(褒めているわけではありませんから、あしからず)

さて、明日からは、記憶に残る自傷行為の話と薬物中毒の話をさせていただきます!

ちょっと、悲しい話と、笑える話です!乞うご期待!