大阪・兵庫・神戸・京都、関西で、医師・看護師・薬剤師など転職・求職を希望される医療従事者の方へ病院・医院等医療機関の求人をご紹介

Home  »  医療・介護のよもやま話

医療・介護のよもやま話

関西の医療転職・求人サイト メディコプロ プログ

2008.9.1 月曜日

医療訴訟31

医療・介護のよもやま話 — admin @ 22:54:43

●●Aさんの本業●● 

自分が間に入って、Wさん一家を納得させるから、その代りに対価を払えという申し出を平然と言ってのけるAさん・・・
この人の本当の狙いは一体なんでしょうか?

「まあ、賢明なるN事務長のことだから、そう答えるとは思っていましたけれど・・・」

「そうならば、言わなければいいと思いますが・・・」

「ハハハ、まあ、一応言わなければ話が進まないからね」

「どういう風に話が進まないのでしょうか?」

「まあ、それはこれからのお楽しみにして下さい」

「楽しみにできますか?」

「私は楽しいけれどな・・・」

「そうですか?」

「まあ、楽しくなくて、もう止めたいと思ったらいつでも言ってくれ・・・
さっきの申し出を思い出してくれればいいから・・・
いつでも、W家くらいは私の力で黙らせるから」

「はあ・・・」

「今後のことは、これからW家に戻って相談することになるから」

「これから、相談ですか?」

「そうだよ」

「いい相談にしてくださいね」

「そうだといいけれど、そうならないと思うよ」

「なるほど、今度は、W家と商談ということですね」

「これは、酷い言い方をされるな・・・」

「すみません。相談(そうだん)が、口が回らずに、商談(しょうだん)と言ってしまいました」

「ハハ、中々上手いことを言うな」

「お褒めあずかって有難うございます」

「そういう言い方をするか・・・」

「醤油うことです」

「それは、今流行りのギャグだろ」

「悪乗りしてしまいました」

「本当に、私のことを馬鹿にしているとしか思えないな・・・」

「馬鹿にはしていませんが、Aさんは何が本業なのですか?」

「これはまた直球で質問しますね」

「単なる疑問ですけれど・・・」

「まあ、正義の味方です」

「正義ですか?」

「そう、私を頼ってくる人にとっての正義ですけれど」

「社会正義ではないんですか?」

「社会正義?そんな正義なんかないだろ!
賢明なるN事務長なら、そんなことくらい承知しているでしょ!」

「いえ、病院勤務をしている限りは、社会正義を建前にさせていただきます」

「なるほどな・・・」

「そういうことですので、ご理解ください」

「まあ、今後ともよろしく」

「こちらこそ・・・」

なるほど、そういうことですか・・・
まずは、一番てっとり早く、もめ事をお金にするには・・・
病院の味方になって、W家を黙らせ、病院からお金を貰う・・・
病院がその申し出を呑まなければ、W家の味方をすると・・・
どちらに転んでも、最終的に病院からお金を取ることが目的なんですが・・・

こういう人が間に入ってくると、本当にややこしい。
次はどんなことをしてくるのやら・・・

以下 ●●Aさんの仕業?●● は32に続く