大阪・兵庫・神戸・京都、関西で、医師・看護師・薬剤師など転職・求職を希望される医療従事者の方へ病院・医院等医療機関の求人をご紹介

Home  »  医療・介護のよもやま話

医療・介護のよもやま話

関西の医療転職・求人サイト メディコプロ プログ

2008.9.10 水曜日

医療訴訟40

医療・介護のよもやま話 — admin @ 17:17:25

●●息子さん再度現る●● 

W家との間に入っているAさんと電話でやりとりした日から、数日音信はありませんでしたが・・・
これで、終わりのはずはありません。

W家一家から、Wさんの入院を断ったと言われている非常勤S医師の診察がある土曜日の午後のこと・・・

「プルプル」 (かちゃ)

「N事務長、S先生からお電話です」

「はい、繋いで」

「N事務長ですか?Sですけれど、本日の外来診察なんですが、大学の研究室の都合でどうしても行けそうにないんです。休診にしてもらえないでしょうか」

「それは、しょうがないですね・・・今日予定していた、何か特別な患者さまとかはいらっしゃいますか?」

「はい、患者さまについては、この電話の前にE内科部長にお願いしておきました」

「そうですか・・・分かりました・・・ただし、せめて前日にはご連絡お願いしますね」

「申し訳ありません」

「それでは、来週はよろしくお願いします」

「申し訳ありませんでした」

大学から来て頂いている先生にはこういうことがあります。研究室の都合とか、自分の持ち患者の急変など・・・
早速、事務へ休診の張り紙の手配を指示し、他の先生に連絡を入れた後・・・

「プルプル」 (かちゃ)

「N事務長!ねずみ先輩が!」

「ねずみ先輩がどうしたの?」

「S医師を出せって、騒いでいます!」

「今日、休診だからしょうがないですね、その旨お伝えして」

「休診の張り紙出す前だったから、隠しているんだろって大騒ぎです!」

「あーあ・・・」

「助けてください!」

「はいはい、今、行きます」

S医師の休診は良かったのか悪かったのか・・・
患者さまには申し訳ありませんけれど、S医師にとってはラッキー?
それにしても、S医師の診察日に直接乗り込んで来るとは・・・
Wさんの息子さん、やる気まんまんです。

「Wさん、どうしました?」

「どうしただと!相変わらず舐めた野郎だ!」

「そんな大きな声出さなくてもいいですよ」

「Sを出せ!直接、俺が問いただす!」

「申し訳ありませんが、今日は休診なんです」

「休診のお知らせは、出ていないじゃないか!」

「すみません、今から告知しようとしていたのです」

「そんなはずはないだろ!隠しているのか!」

「そんなことはしません」

「まあ、あちらで話しましょう」

「・・・・・・・・・・・・・・・」

肩を押すように、Wさんの息子さんの巨体を相談室に向けました・・・

以下 ●●息子さんと相談室にて●● は41に続く