大阪・兵庫・神戸・京都、関西で、医師・看護師・薬剤師など転職・求職を希望される医療従事者の方へ病院・医院等医療機関の求人をご紹介

Home  »  医療・介護のよもやま話

医療・介護のよもやま話

関西の医療転職・求人サイト メディコプロ プログ

2008.9.26 金曜日

医療訴訟56

医療・介護のよもやま話 — admin @ 18:02:33

●●話し合いの結末●●

病院側の出席者はN事務長を除いて、退席しました。
それは、W氏の息子さんが危害、暴行、傷害を加えることを危惧したN事務長、A氏の判断によるものです。
そのことが、W氏の息子さんは気に入らず・・・
どうやら、A氏、B弁護士にW氏の息子さんの怒りの矛先が向いたようです。

「どうして、退席させるんだ!」

「どうしてって?」

「Aさん、今日はとことんまで話をするっていったじゃないか!そのために弁護士のB先生まで同席をお願いしたんじゃないか!」

「W!落ちつけ!今のオマエの状態では話し合いにならん!」

「状態とか、話し方がどうのとか関係ないじゃないか!」

「そんなことはない!冷静になれ!」

「B先生も、もっと詳しく聞いてくれよ!」

「・・・・・・・・・・・・・・・」

「B先生は、考えがあってのことだ!」

「そうなんですか!B先生?」

「・・・取りあえず、今日のところは、これで引き揚げましょう」

「W、今後のことは、B先生と一緒に考えていこう」

「そんなのは、手ぬるい!」

「どうしてですか?」

「折角、病院の奴らが、雁首揃えたのに、もっと脅かしてやればいいんだ!」

「W!言い過ぎだ!」

「そんなこと関係ないでしょ!」

「Wさん、今日のところはこれで帰って、今後のことを相談しましょう」

「・・・・・・・・・・・・・・・」

「N事務長、今日は帰らせていただきます」

「そうですか」

「今後のことは、帰ってから再度協議します」

「そうですか・・・」

「今後は私が代理人としてご連絡申し上げますので宜しくお願いします」

「かしこまりました」

「それでは、よろしく」

「W!B先生もそう言っているんだ!帰るぞ!」

「・・・・・・・・・・・・・・・」

でも、A氏がW氏の息子を誘導し、ドアを出ようとした瞬間にN事務長は聞きました

「N、道歩く時は気を付けろよ!」

これだから、この類の方々は困ります。
やっぱり最後は、力技です・・・
しかも、話し合いの決着はなし・・・
これからは、B弁護士が代理人ということだけが今日の結論です。

以下 ●●町内での噂●● は57に続く