大阪・兵庫・神戸・京都、関西で、医師・看護師・薬剤師など転職・求職を希望される医療従事者の方へ病院・医院等医療機関の求人をご紹介

Home  »  医療・介護のよもやま話

医療・介護のよもやま話

関西の医療転職・求人サイト メディコプロ プログ

2009.6.1 月曜日

職業は?Ⅱ-④

医療・介護のよもやま話 — admin @ 12:08:59

●●家族の言い分●● 

転医希望をすれば、直にでも転医させて貰えると思っていた家族さまは、言葉を濁すケースワーカーのT君に追い打ちを掛けます。

「どうしてそんなに時間が掛かるの?」

「どうしてと言われても・・・」

「何か、転医するのに問題があるの?」

「いえ別に・・・」

「じゃあ、今日の午後には転医出来るようにしてください」

「ですから、それは当院の問題ではなく先方の○×市民病院の問題なので・・・」

「大体・・・もともとこんな病院に搬送されたくなかったのよ!」

「・・・・・・・・・・・・・・・」

「なんで、掛かり付けの○×市民病院に行けないの?」

「ですから・・・それは・・・」

「早くして頂戴!」

「はい。もう一度連絡はしてみます」

「そうして!」

「ちなみに、掛かり付けと仰っておられますが、入院されたことは?」

「入院は無いわ!月に2回外来通院しているの!」

「毎月同じ先生ですか?」

「それは知らないわ・・・あっ、そうそう事務員に知り合いがいるわ」

「事務の方ですか?」

「そう・・・事務っていってもあなたと違って上の人よ!」

(失敬な・・・)
「そうですか・・・それでは、その方にご連絡されれば、先方の事務処理も早くなるかもしれませんよ」

「そうなの?じゃあ電話連絡してみようかしら」

「私も、再度連絡しますので、家族さまからも電話してみてください」

「そうするわ!」

「ちなみに、その方のお名前は何と仰りますか?」

「医療相談室の課長で、Dさん」

(医療相談室?あまり聞いたこと無いな・・・地域連携室じゃなくて?医療相談室・・・)
「分かりました。お名前出しても構いませんか?」

「ええ、それで転医が早くなるなら、名前出して貰っても構いません」

「それでは、連絡してきます」

「早くしてくださいね」

「はい」

以下 ●●T君、再度電話する●● はⅡ-⑤に続く