大阪・兵庫・神戸・京都、関西で、医師・看護師・薬剤師など転職・求職を希望される医療従事者の方へ病院・医院等医療機関の求人をご紹介

Home  »  医療・介護のよもやま話

医療・介護のよもやま話

関西の医療転職・求人サイト メディコプロ プログ

2010.9.27 月曜日

禁煙74

医療・介護のよもやま話 — admin @ 16:12:16

●●禁煙治療6日目●● 

禁煙治療5日目は、仕事仲間のHさんによる尋問があったけれど、無事その尋問にも耐え、禁煙を継続することが出来ました。

Hさんとの仕事の打ち合わせ中にも、ヘビースモーカーのHさんはタバコを吸い続けていましたが、Hさんのタバコの煙は意外にも気にならず、それどころかHさんはタバコを止めることも、禁煙に挑戦することにさえ怯えている可哀相な友人と思える程の余裕が私にはありました。

昨日はHさんと会った時間以外は自宅での仕事に時間を費やしましたから、見事にタバコは1本も吸わず、タバコを欲しいとさえ思いませんでした。

そして今日は禁煙治療6日目、禁煙してから2回目の朝を迎えました。
朝目覚めて、一番に思ったことは・・・
夜中に目を覚まさなくなったこと。

禁煙治療を始めるまでは、夜中に必ず1回、酷い晩は2回以上も目が覚めることがありました。
以前にも書いたと思いますが、目が覚めて寝られなくなるのではなくて、ただ単に目が覚める。
そして自然にタバコに手が伸びて、タバコを吸うのが日課でした。

今から考えると、ニコチン切れで目が覚めていたのでしょう。
それ以外には考えられません。
何故なら、目が覚めてタバコを吸うとそれで落ち着いて直ぐにまた眠りにおちるからです。

そんな毎日、毎晩を送っていたのにここ数日、禁煙補助薬 “チャンピックス” を服用してからは夜中に目が覚めることがなくなりました。

その分熟睡した感じがして、朝の目覚めも良くなりました。
体調が良くなった気もして、昼に眠たくなるようなこともありません。
いいことずくめ?

タバコを吸わなくなったから夜中に目が覚めないのか、禁煙補助薬 “チャンピックス” がそのような効果を及ぼしたのか・・・

勿論、どちらにしても身体にとってはいいことです。

朝、そんなことを思いながら目を覚まし、いつものように顔を洗って身支度を整えます。
今日は昨日とは違って、朝から外出です。

身支度を済ませて、“チャンピックス” を服用するために簡単な朝食を取ります。
時間があるので、TVをつけて朝のニュース番組にチャンネルを合わせると、ニュースを一段落させて情報コーナーへと番組は進行しています。
今日の朝の情報コーナーは・・・

禁煙グッズです。
何とタイムリーな情報コーナーでしょう。
朝食の手を止めて、番組に集中することにします。

最近の禁煙グッズベスト3の発表です。

第3位は・・・禁煙草。
何ですかコレは・・・TVに釘付け。
韓国で作られた医薬部外品。
成分にニコチンは含まれないけれど、味はタバコに似ている。
なんと 「杜仲の葉」 で出来てるということです。
タバコのように吸って、吸いながらニコチンをカットする。
なるほどです。
味はレギュラーとメンソール・・・
s_nosmoqreg3.jpg s_nosmoqment3.jpg

いろんな物があるものです・・・
でもこれで禁煙出来れば有り難いですが、多分無理なような気がします。
試してはいませんが、ニコチン中毒を緩和する成分がないとやはり精神的にきつい禁煙になりそうです。
値段は・・・110本で9800円(税別)携帯用ケース付き
税込で10290円、1本当たり93円。
結構な値段です。
コストパフォーマンスを考えると???です。

以下 ●●禁煙グッズⅡ●● は75に続く


コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS

コメントをどうぞ