大阪・兵庫・神戸・京都、関西で、医師・看護師・薬剤師など転職・求職を希望される医療従事者の方へ病院・医院等医療機関の求人をご紹介

Home  »  医療・介護のよもやま話

医療・介護のよもやま話

関西の医療転職・求人サイト メディコプロ プログ

2011.2.27 日曜日

真実は闇の中 77

医療・介護のよもやま話 — admin @ 17:25:58

●●N事務長とGさん再びⅨ●● 

Gさんは、IさんがN事務長に言った 『責任を取る』 という言葉を単なる責任逃れ、更には責任を転嫁することによって治療費や慰謝料を求める虚言だと言いますが、いささかGさんの発言には論理矛盾もあるようです・・・

「要するに、Gさんの施術が原因で再骨折して、そのことに対してGさん、アナタがIさんに対して 『責任を取る』 と言ったと・・・そしてその言葉の意味は治療費、慰謝料を目的として言ったということですね」

「N事務長、何を言っているんですか?」

「何をって・・・今までの話をまとめてみただけだよ」

「それじゃあ、Iさんの再骨折は私の施術が原因で、それに対して私が 『責任を持つ』 から安心してくださいって言ったみたいじゃないですか?」

「ですから、これはあくまでIさんの考えを考慮した要約です」

「私の言い分はどうなっているのですか?」

「それはこれから話します」

「N事務長がどのように考えているか、私の話を聞いてどのように感じて考えたかを教えてください」

「ええ、そのつもりです」

「で、どうなんですか?」

「Gさんは・・・」

「私は?」

「自分の施術が原因でIさんが再骨折したのではないと考えている」

「全くそのとおりです」
と言いながら、Gさんは何度も首を上下に振って納得顔です。
そんなGさんの姿を確認しながらN事務長は続けます。

「そして、IさんはGさんが 『責任を取る』 と言ったと言っていますが、そんな言葉を言った覚えは一切ない」

「そうですそうです、一切言ってません」

「そして、何故IさんがGさんがしてもいないこと、言ってもいないことを、したとか言ったと言い張るかと言うと、治療費や慰謝料、つまりお金目当てに違いない」

「そうに違いありません」

「つまり、Iさんはお金目当てのクレーマーである」

「さすがN事務長です。私の言いたいことはまさにその通りです」

「さすがも何も、単にGさんの言っていたことを要約しただけです」

「いえ、私の言いたかったことを分かって頂いてありがとうございます」

「お礼を言われてもねえ・・・」

「どうしてですか?」

「だって・・・GさんとIさんの意見・・・証言と言った方がいいかもしれませんけれど、それが正反対であることがはっきりしたわけだから・・・」

「でN事務長は、私とIさん、どちらの話を信用するのですか?」

「どちらの話ですか?」

「もちろんです」

「そうですねえ・・・」

「N事務長の部下である私の話とお金目当てのクレーマーであるIさんのどちらの話を信用するのですか?」

「・・・・・・・・・・・・・・・」

以下 ●●N事務長とGさん再びⅩ●● は78に続く


コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS

コメントをどうぞ