大阪・兵庫・神戸・京都、関西で、医師・看護師・薬剤師など転職・求職を希望される医療従事者の方へ病院・医院等医療機関の求人をご紹介

Home  »  医療・介護のよもやま話

医療・介護のよもやま話

関西の医療転職・求人サイト メディコプロ プログ

2009.10.28 水曜日

行き場のない患者⑱

医療・介護のよもやま話 — admin @ 20:46:36

●●N事務長とノッポ君&茶髪作業着君●● 

Tさんを群れのリーダーとして、そこに集まるオカルト的な集団に対して・・・
N事務長は、担当医師であるE内科部長は、患者さまであるTさん以外との接触はしない方がいいと考えています。

それを察してか、E内科部長は、
「それでは、外の連中には、私が説明しなくてもいいですか?」

「ええ、しない方がいいと判断します」

「それならば、Tさんには落ち着き次第、帰宅するように言ってきます」

「そうしてください」

「訳の分からない連中の説得はN事務長にお任せします」

「E内科部長にとって、それが得策だと思います」

「じゃあ、お言葉に甘えてそうさせて頂きます」

そう言うと、E内科部長は再びTさんのいる点滴室に向かいました。
N事務長は、再び、現在の群れの代表者であるノッポ君と茶髪作業着君への説明に向かいます。

診察室を出ると、ノッポ君と茶髪作業着君が近寄ってきます。
するとやはり、茶髪作業着君がすかさず声を発します。

「おい、医者はどうしたんだ?」

「今、患者さまご本人とお話をされていると思います」

「俺達に説明は無いのかよ!」

「ええ、ご本人さまが、お話を十分出来る状態ですから、ご本人さまからお聞き頂くのがいいかと思います」

「なんだよ、それは?」

「ですから、担当医師はご本人さまとお話をさせて頂いていますから、皆様はご本人さまからお聞きくださいということです」

「だから、医者は俺達には説明しないということだな」

「まあ、そうなります・・・」

「そんなこと言ってるんじゃない」

「どんなことを言っておられるんですか?」

「Tが望んでいる薬は出たのかよ」

「出てないみたいです」

「だから、その説明をしろと言ってるんだ」

「その必要は無いということです」

「それは、説明の必要が無いのか、薬の必要が無いのかどっちなんだ?」

「両方です」

「なんだと!」

「ここで、大きな声を出すのはお止めください」

「ウルセー! テメエはフザケテやがる!」

またしても、一歩二歩とN事務長との距離を縮める茶髪作業着君。
すると、まあまあといった調子で間に入るノッポ君。
この2人中々いいコンビです。

以下 ●●Tさん現る●● は⑲に続く


コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS

コメントをどうぞ