大阪・兵庫・神戸・京都、関西で、医師・看護師・薬剤師など転職・求職を希望される医療従事者の方へ病院・医院等医療機関の求人をご紹介

Home  »  医療・介護のよもやま話

医療・介護のよもやま話

関西の医療転職・求人サイト メディコプロ プログ

2010.4.30 金曜日

家族の形23

●●病室にてⅢ●● 

N事務長を病室の外、廊下に残してBさんの奥さんの主治医であるE内科部長は病室に入っていきました。
中では、病棟師長からBさんのご主人に主治医としてE内科部長を紹介したようです。

「主治医をさせて頂きます、Eです」

「Bです・・・」

「それでは、2、3説明と質問をさせて頂きます」

「はい・・・」

「奥さんは、栄養状態が悪かった為に、全ての生命を維持する器官の状態が芳しくありません」

「はあ・・・」

「もちろん、今、現段階で生命がどうのいうことはありませんが、決して楽観出来る状態ではないとお考えください」

「はい・・・」

「ただし、全身状態をよく観察しながら必要な処置をすれば、かなりの確率で元の状態に戻ると考えております」

「元の状態?」

「ええ」

「そうですか・・・」

「まあ、私の言う元の状態ですが、それはご主人の考えている状態と相違があってはいけませんからこれから質問をさせて頂きますけれど、よろしいでしょうか?」

「答えられる範囲ならば・・・」

「奥さんの既往歴をお聞きしたいんです」

「既往歴ですか・・・」

「ここ1年の間に病院には罹りましたか?」

「いえ、罹ってないと思います」

「・・・・・・・・・・・・・・・」

「何か?」

「それでは、ここ数年では?」

「いえ、罹ってないと思います」

「・・・本当ですか?」

「ええ、多分・・・」

「言いにくいのですが、奥さんは寝たきりの状態でしたよね」

「ええ」

「それはいつからですか?」

「ここ2、3か月のことです」

「正確には何時からか分かりますか?」

「多分・・・4月のことだと思うけど・・・」

「その時にどうされたんですか?」

「何だか体の右側が上手く動かない、痺れてるとか言って布団引いて、寝て、そのままですか・・・」

「布団に寝て、そのまま?」

「ええ・・・」

「・・・・・・・・・・・・・・・」

以下 ●●Bさんのご主人の告白●● は24に続く


コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS

コメントをどうぞ